2010年2月27日 (土)

ロッシ。

木曜日は友人のゴールデンの検査をするため大阪にある高度動物医療センターに。

1か月ほど前に急にてんかんのような症状が出て、
その時は薬を飲んで治まっていたのですが、
また発作が夜中に出たとの事。
しかも重積といって何度も痙攣を繰り返したそうです。
次の日近くの病院で診察して、先生は脳腫瘍の疑いがあると。
検査のため大阪のネオベッツVRセンターを紹介していただきました。
発作がいつ出るかわからないのでドライバーとして同行。

MRI検査の結果は脳腫瘍らしきものがあるということ。
頭蓋骨があるため組織・細胞検査ができないらしく、
可能性は低いが血腫かもしれない。

今後の治療としての選択肢は3つ。
・このままてんかんの薬を飲みステロイドなどを投与。
腫瘍が大きくなれば薬も効かなくなる。
・外科的手術で腫瘍を取り除く。
しかし完全には取りきれない部位なので必ず再発する。
かなりリスクの高い手術なので術中死の可能性もあり。
術後麻痺がのこる可能性もあり。
・安楽死

すぐに結論は出せないのでMRI撮影のCDをいただいて帰ってきました。

今年で11歳。子犬の頃からよく知ってて、甘えん坊で、
おじいさんになった今でも家に遊びに行けばスリッパをくわえて
ぴぃぴぃ鼻を鳴らしながら駆け寄ってくれる。

家に帰って元気にはしゃぐフラウの姿を見ながらなんだかとても考えさせられます。

Img_1615

1年前のロッシ。
がんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

FRAUなこと | ponなこと | sweets | おでかけ | ため息 | オシラセ | 散歩